読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽてとふらい

"a matter of the will,a quality of the imagination,a vigor of the emotions"

【愛しき自転車乗りに贈る】自転車好きにお勧めの本5冊

徐々に暖かくなり桜も咲き始めましたね。自転車に乗るのに良い季節になりました。ロードで桜を見ながら琵琶湖一周とか最高ですよね。

 

そんな愛しき自転車乗りにお勧めの本を本棚からひとつかみ。

f:id:potetohurai:20170409161821j:image

まずはこちらから↓

川西蘭さんの「セカンドウィンド」。写真はピュアフル文庫ですが、今は小学館からでています。川西さんは大学の教授というか僧侶というか作家さんのような不思議な経歴の方ですが、「セカンドウィンド」はれっきとした正統派青春キュンキュン小説ですが、ロードについてもかなりリアルに描かれていて自転車乗りも満足できるものとなっています。

何を隠そう、僕はこれを読んでロードを買いました!お勧めです!

近藤史恵さんの「サクリファイス」。この本が出たときは自転車の仲間内でも「読んだ?読んだ?」とめちゃくちゃ話題になりました。ロードレースとサスペンスが奇跡の融合を遂げた作品です。ロードレースというある種の団体競技について、これほどリアルに描きながらサスペンスとして成立していることに驚き。自転車に興味がない人にもお勧めできる本です。

ご存じ?エンゾ早川さんの「ロードバイクバイブル」。自転車雑誌にもよく出てくるエンゾ早川さんの本。ロードについて一通りのことが網羅されています。特にセッティング、ポジショニング、メンテナンスの大切さを教えてくれます。

ホンダのエンジニアである著者がロードバイクについてのあれこれを科学的に検証?していく本です。決して堅すぎない。とっても面白い本です。しかし、自転車の本で「レイノルズ数」って言葉を初めて見たよ…。レイノルズ数って!

 後半にはより安全に曲がる・止まるためのヒントが書いてあったり、交通戦争に生き残れと交通安全についても記載があって非常にためになるし、好感が持てます。

この本は(おそらく)非常にマイナーですが、ひそかにお勧めしたい1冊。

自転車乗りなら共感できるあるある満載ですが恥ずかしい?ことも色々書いてあるので、一人で酒でも飲みながらうしうし読むのがお勧めです。

ロードバイクエッセイで面白く読める本なんて、とても貴重です。

 

以上、お勧め5冊でした。

広告を非表示にする