ぽてとふらい

"a matter of the will,a quality of the imagination,a vigor of the emotions"

君の名は。

新海誠監督の最新作、映画「君の名は。」すごいですね!

公開されてから三か月くらい経ちますが、まだまだ人気が継続してる。

その相乗効果か、原作の小説もランキング一位になってたり。

という訳で、遅ればせながら先日の日曜日に映画を見に行きました!

君の名は。」の予告CMなどは見てなかったのですが、新海監督の映画は大体見たことがあるし、NHKのスイッチインタビューで新海監督が出ている回を見ていたので非常に楽しみにして行きました。

新海監督の良さは、映像美と男女二人の距離感の描き方ですね。あと、「ほしのこえ」もそうですが、宇宙ネタも好きですね。

見た感想としては、今までの作品の総集編のようで、RADWIMPSの音楽で統一されててさらにいい味出してる感じでしょうか。

「STAND BY ME ドラえもん」見ても泣かなかった嫁が隣で泣いてましたよ。さすがに大ヒットしてるだけありますね。

後で小説を読んだあとがきを見て知ったのですが、小説は映画の前に出来上がっていたんですね。おどろき。

この小説は映画の伏線を回収するというか、補完するような内容でおススメです!ああ、そういうことだったのかとうなずくこと間違いなしです。

他の作品もまた見たくなりました。「言の葉の庭」とか「秒速5センチメートル」とか。

オスカー候補になったそうですし、次回作も期待大です!!

広告を非表示にする